HOME>トピックス>船の処分は業者に頼むことですべてやってもらえる

売れないことが分かったら廃船にしよう

利用をしなくなった船は、まだまだ乗れる状態というのなら買取店に売ってしまえばお金にすることができます。しかし、ボロボロで修理するのも難しいのなら、価値のない船と見なされるので買取店と取り引きは行えません。だからといって、そのまま海や川に沈めることはできないため、きちんと廃船処理を行う必要があります。しかし、廃船処理の手続きが複雑で、自分の力ではどうにもならない場合もあるはずです。そのときは、廃船処理をオーナーに代わって行ってくれる業者があるので、そちらに任せて乗らなくなった船を処分してしまいましょう。

見積もりで廃船の費用を知る

廃船処理に対応する業者に連絡を取れば、いくらで処分できるのか見積もりを行うための方法を教えてくれます。船の実物を見せて見積もりをしてもらうことになるでしょうから、都合のよい日を伝えましょう。見積もりの金額でもよいと納得をして、業者と契約を結んだのなら、あとは船の解体や運搬などすべて行ってくれます。なお、廃船処理中に不都合が起こった場合は、追加料金を取られる場合もあるので気をつけましょう。大きな船ならば見ただけで正確に作業内容を把握するのが難しいので、廃船処理中に作業を追加することは十分にあり得ます。

広告募集中